アロハシャツ・ブランドSUN SURF(サンサーフ)

ALOHA SHIRTS HISTORY(アロハシャツの起源と歴史)

  • Aloha Shirts History(アロハシャツの起源と歴史)  
  • Aloha Shirt “ARCHIVE”  >>  
  • Top  >>  

Aloha Shirts History(アロハシャツの起源と歴史)

「アロハシャツ」という名の通り、楽園ハワイを象徴するハワイアンシャツ。その原型は20世紀前半、ハワイオリジナルのシャツとして誕生した。

初期のアロハシャツには和柄が多く、ハワイに移住した日系移民とのかかわりも深い。 〈ムサシヤ・ショーテン〉は初期のアロハシャツを育てた店のひとつ。 早い時期から和柄の生地を使ったシャツを仕立て、 1935年に「アロハシャツ」という言葉を初めて新聞広告で使ったとされる。 そして1936年、「アロハ」は洋品店〈キング・スミス〉の経営者エラリー・チャンによって商標登録される。 中国系移民の彼が最初に売り出したアロハシャツは、ムサシヤが仕立てた和柄のシャツだった。

その後のアロハシャツ発展の背景には、ハワイが観光地として確立したことが大きくかかわっている。 1927年、マトソンラインがサンフランシスコ~ホノルル間の客船を就航させると 米国本土から多くの観光客がハワイに降り立った。 また、戦時中のハワイは米軍の要衝として賑わい、戦後は航空路の発達もあり観光客が大挙。 土産物としてのアロハシャツの需要は一気に増え、 やがて米国本土でもハワイブームが起こるようになると、 ハワイのメーカーだけではなくアメリカ本土のスポーツウエアメーカーなども こぞってアロハシャツを作るようになる。

ヴィンテージと呼ばれるアロハシャツはそのほとんどが レーヨン素材のものを指し、 涼感のある着心地、「抜染(ばっせん)」や 「オーバープリント」などの発色の良い深みのある染めが大きな魅力である。 色鮮やかで魅力的なデザインは独創的なパターンで配置されており、 絵柄やパターンには素材やプリント方法との相性、そして時代的な移り変わりがある。

アロハシャツ黎明期の1930年代に主流であった 「オールオーバー・パターン」の モチーフのサイズは年月を重ねるごとに徐々に大きくなっていき、 1940年代後期になると、より派手なデザインとして 「ボーダー・パターン」の作品が多く生み出された。 そしてアロハシャツの最盛期である1950年代には、更に自己主張の強いデザインとして シャツ自体が一枚の画のように見える「ホリゾンタル・パターン」が生まれ、 米国本土では「バックパネル・パターン」や 「ピクチャープリント」など、 より強烈なインパクトのあるデザインが作られるようになる。 ハワイならではのミックスカルチャーを象徴する オリエンタル・デザイン(和柄)は、 最初期のアロハシャツやオリエンタルブームが起こった1950年代に多く見られた。

本サイトに使用されている写真・文章などの無断転載を禁止します。商品の仕様及び価格は、予告なく変更する場合があります。
また、商品の色はお使いのパソコン環境によって、実際の色と多少異なる場合があります。予めご了承ください。

ページトップへ