SUN SURF Presents “ALOHA SHIRTS LABORATORY”

TEXT: サンサーフ企画総括・アロハシャツ研究家 中野喜啓 (YOSHIHIRO NAKANO)

アロハシャツについて語り尽くす動画コンテンツ「アロハシャツ研究室」が IGTV YouTube でスタートし、解説を担当させていただきました。話を聞いてくれる相方は、雑誌「Lightning」や「CLUTCH Magazine」を手がけるアロハシャツ愛好家の松島睦氏。写真やテキストだけではなかなか伝えきれないアロハシャツの魅力。いつか映像としてお見せしたかったアロハシャツについて語れる場所を、この機会に実現することができました。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

CLUTCH Magazine(@clutchmagazinejapan)がシェアした投稿

 

 

「アロハシャツ」という言葉には馴染みがあるけれど、その起源や歴史については知っているようで意外と曖昧。この良い意味でのアバウトさも楽園ハワイを象徴するアロハシャツの魅力のひとつかもしれませんが、「ここだけは押さえておこう」というポイントについて知ると、新たなアロハシャツの一面が見えてくるのではないでしょうか。

 

 

それまでは何となく見ていた絵柄の歴史やストーリーを知ることで更に愛着が湧いたり、デザインパターンの種類ついて知ることで柄の選び方が変わったり。シャツとして着ても楽しい、アートとして眺めても楽しい、そこにはアロハシャツの奥深い世界が広がっています。

 

 

 

 

時間の制限もあるので一度にすべてを語ることはできませんが、日本からハワイに渡った移民の方々が発祥に関わり、日本の伝統技術とも言える捺染(プリント)の技術によって異国の地ハワイの象徴となったアロハシャツ。その魅力をひとつでも多くお伝えしていければと思います。

 

 

アロハシャツ研究家 中野喜啓

 

 

YouTube版はこちら。